【50代でもできる】減酒の方法・コツ

50代でもできる上手な減酒の方法をご紹介します。健康診断の結果で肝臓の数値が悪かった、医師から酒を控えるように言われた。仕方なく減酒をしようと思うけど、どんな方法があるのか?そんな方に賢い減酒の方法と、どうしても減酒したくない!そんな方にお酒を減らさす肝臓の数値を改善する方法を教えます。
MENU

50代でもできる!減酒の方法・コツ

健康診断で肝臓の数値が悪かった
病院で「酒を控えなさい」と言われた
ここのところ、二日酔いになることが多い

 

50代になると、お酒にも気を使うようになりますよね。
若いころは二日酔い上等!・・・だったのに、責任ある年齢になると無茶もできません。

 

 

一思いに「酒をやめる!」
・・・と、いいたいところですが、長い間お酒を飲んでると、もはや生活の一部。

 

取引先との付き合いや飲み友達、一仕事終えた後の晩酌など
簡単にやめることはできません。

 

 

せめて「減酒」したいと思っても、意思が弱くて結局好きなだけ飲んでた!!
なんてこともよくあります。

 

そこで当サイトでは「50代からでも無理なくできる減酒の方法・コツ」をご紹介します。

 

 

 

上手な減酒の方法・コツ

 

 

注意してくれる人の前で飲む

 

 

どんなに自分は意思が強い!・・・と、思っても一人で飲んでると気づかないうちに飲みすぎてしまうことがよくあります。
そうした時には「飲みすぎだよ!」と注意してくれる人の目がつくところで飲みましょう。
事前に「お酒を減らそうと思ってるから、飲みすぎだと思ったら注意して」と言っておくのがいいですよ。

 

 

 

飲むときには必ず「つまみ」も一緒に

 

 

お酒を飲むときには必ず「つまみ」も一緒に食べましょう。
枝豆や青魚、卵焼きなどのタンパク質が豊富なものはアルコールの吸収を防いでくれるので効果的。
最初の1杯を飲む前に、まずは「おつまみ」を食べて胃に直接アルコールが行かないようにするといいですよ。

 

 

グラスを小さめに

 

 

普段使っているグラスやコップを小さめのものに変えましょう。
必然的に飲む量が減ります。ただし、グラスの大きさを小さくしても飲む回数を増やしては意味がありません。
「1日グラスで1杯まで」ということでルールを作って飲みましょう。

 

 

 

割る系のアルコールを中心に

 

 

カクテルやウォッカなどお水などで割る系のお酒を中心に飲むのもいいでしょう。
普段より水などの量を増やして「カサ増し」して飲んだ気分にして ごまかす方法です。
こちらも飲む杯数に注意しましょう。

 

 

ノンアルコールでごまかす

 

 

ノンアルコールのお酒に切り替えるのも効果的。
ノンアルコールといっても微量のアルコールは含まれていますが、禁酒ではなく減酒であれば問題ありません。
こちらも量を飲んでしまっては意味がないので、1日○杯まで!というルールを作りましょう。

 

ノンアルコールのお酒って美味しくないのがデメリットですね^^;

 

 

 

【注意!】減酒しててもコレをやったらNG

 

せっかく、お酒の量を減らしたとしても、やってはいけないことというのがあります。
下記の点に注意して減酒に取り組みましょう。

 

1.ちゃんぽん
例え飲酒量は少なくてもちゃんぽんはNG!
ビールとワインとウォッカを少しずつ・・・。
一見、アルコール量が少ないから大丈夫かな?と思いますが、複数の種類のお酒を摂取することで肝臓に大きな負担がかかります。
飲むときは必ず「1種類」にしましょう。

 

 

2.すきっ腹にアルコール
すきっ腹にアルコールも危険。
胃に何も入っていない状態でお酒を飲むと、胃の粘膜に直接アルコールが取り込まれ胃炎になりやすいだけでなく、血液中にもアルコール成分が多く摂りいれられるため肝臓に負担がかかります。
必ず何か胃の中に入れてからお酒を飲みましょう。

 

 

 

やっぱり減酒したくない!でも肝臓を労わりたいなら

 

50代からでもできる上手な減酒の方法をご紹介しました。
しかし、中には

 

やっぱり酒は減らせない!減らしたくない!
お酒を控えずに肝臓にいいことをしたい!
悪酔い、二日酔いしないようにしたい!

 

 

そう思うなら、弱った肝臓をサポートする働きを持つレバリズムLを試してみてはいかがでしょうか。

 

レバリズムLは肝臓の働きを助ける働きをもつ しじみ、牡蠣などに含まれる成分が含まれています。
よく、飲んだ後には「しじみの味噌汁がいい」なんて言いますよね。

 

 

これは迷信ではなく、しじみに含まれる「オルニチン」には肝臓で行われているアルコールなどの解毒作用を助ける働きがあるんです。

 

牡蠣にも同様に「タウリン」や「亜鉛」などの成分が豊富に含まれていて、これらは肝臓に溜まった中性脂肪を外に出す働きがあるんですよ。

 

さらにレバリズムLにはスクワレンという、血液をサラサラにしてくれる働きをもつ成分まで含まれているんです。
普段、油っこいものを食べることが多かったり、運動不足だと感じている方の多くは「ドロドロの血」になりがちなので、
そうした点でも役立ちますね。

 

>>レバリズムLについての詳細へ

 

 

事実、レバリズムLを飲んだ方の口コミでは

  • 二日酔いしなくなった
  • 朝起きるのがつらかったのに、寝起きが楽になった
  • 慢性的な疲労感がなくなった
  • 食べ過ぎても胃もたれしなくなった
  • 飲んだ次の日に口の中がサッパリするようになった

など、多くの感想がよせられています。
>>レバリズムLのその他の口コミ(ページ下段にあります)

 

 

どうしても減酒できないできるならしたくない!
そんな方はまずレバリズムLを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

今なら、お試し価格で購入できますので1ヵ月試してみて効果を実感してください。

 

>>レバリズムL公式サイトへ<<

 

※テレビで紹介された影響で在庫が少なくなっているようです。
まだキャンペーンがやってるかどうかだけでも確認してみてくださいね。

このページの先頭へ